ネットランドはICTを駆使した「インキュベーションサービス」や「ITコンサルティング」などの事業を行っている企業です。日本のポテンシャルを最大限に活かし、社会貢献していくことをコンセプトにしています。IT・インターネットの専門企業と言えますが、今回はそんなネットランドの商品である「画像認識システム」について解説していきましょう。

画像認識とは

画像認識とは画像や映像から特徴を拾い、対象物を識別する認識技術の一種です。人が画像に映っているのかこれまでの経験から理解して判断します。しかし、コンピュータは人間にように対象物が何であるかを理解することはできません。その代わりに膨大な画像データから特徴を見極め、学習する能力を持っています。その特徴を学習することによって未知の画像を与えた時、対象物が何なのかを理解できるようになるのです。

画像認識の技術は1960年頃から導入されていましたが、当時はコンピュータの性能が低く手の届かない価格で販売されていたため、大学の研究機関など限られた分野でしか利用されていませんでした。しかし、近年著しい進化を遂げ人口知能における画像認識が注目されています。

画像認識システムを用いた商品紹介

ネットランドの取扱商品には、SIやWEB、ロボット・AI、CMR・SFA、業務特殊ソフトなど様々な商品分野があります。その中に画像認識を活かした商品が多数あるので、その商品をご紹介していきましょう。

  • DX Suite
  • COCOAR
  • 自動検知型 監視カメラシステム
  • 文字認識システムOCRデザイナー
  • カメラ監視LTEパッケージ
  • Edu MultiPlayer
  • アロバビューライブカム
  • 現場見守る君
  • ara
  • マイオップス
  • ヴィーナス3D
  • インプルーブ
  • プロノディーアール
  • TSUNAMI WORKSPACES
  • iSandBOX
  • NVIS
  • Arme
  • PTAS
  • タイムプリズム
  • Biz Management
  • Ciao Camera Mobile
  • ナンバープレート認識システム 認識番長2
  • パーキングアイ

これらの商品には全て画像認識技術が搭載されています。画像認識を応用すればOCRや顔認証、虹彩認証も可能です。画像認識からある種のパターンの取り出すことができれば、音声認識や言語解析などに用いることもできるでしょう。セキュリティ分野やマーケティング、生産などの場面には画像認識の技術を活かしたシステムが数多く設置されています。画像認識は業績率アップや働き方改革、信頼性向上にも対応できる技術です。

具体的には工場での異常生産品の検出や個人売買における不適切な画像検出、自動車の運転アシストなど様々なシーンで活用することができるでしょう。ネットランドは独自の営業手法を活かした上で企業ニーズを見出し、数ある商品の中から最適なものを提供しています。